BLOG ブログ

2019.4.01 mon沖縄エリアスタッフBLOG

『ぼくのゆめは“けんきゅうしゃ”になることです』

皆さん、お元気でしたか?

 

島んちゅの帽子屋平和通り店の又吉です♪

 

 

3月の後半にも入ると、僕の誕生日が近付いているという【高揚感】と共に、

 

 

あと少しで平成が終わるという【寂しさ】が入り交じる、

 

 

何とも云えないこの空気・・・僕は一体、どうしたらいいのでしょう?(苦笑)

 

 

 

・・・さ、さぁ!気持ちを切り替えて、今回も参りましょうか♪

 

 

 

 

皆様、長らくお待たせ致しました!期間は空きましたが、

 

 

いよいよオリジナル小説の【新作】をお見せいたしましょう!

 

 

 

まずは、こちらの【番外編】からどうぞ!
『ハンバーガーJr.の発端』

 

 

第0.5話『ノアの“箱庭”』

 

 

20190401-1

 

 

 

 

 

 

 

作文テーマ:ぼくのゆめ

 

 

「ぼくのゆめは、けんきゅうしゃになることです。なぜなら、ぼくはけんきゅうするのがだいすきだからです。」

 

 

小学生の頃の僕の作文だ。一字一句、今でもハッキリ覚えてる。

 

 

この頃からもう、自分は研究者になることを目指してた。一点の曇りもなく、ただただ純粋な眼差しで。
希望に満ち溢れていたあの夢が、

 

今では毎晩のように“悪夢”に化けては襲い掛かり、うなされる。

 

このまま不眠症になだれ込むのも時間の問題だろう。
楽しかった夢が悪夢に変わったのはきっと、

 

今僕が関わっている“研究”が関係しているのかもしれない。

 

 

今までにない最新鋭の設備と、かき集めた膨大な資料を基に、

 

未だ誰も成しえたことのない【前代未聞の研究】をしているのだから。それに・・・
???:
「おい、何独りでブツブツ言ってんだ。佐藤」

 

 

僕にしては珍しく饒舌な語りを途中で遮ったのは、上司の高橋さんだった。この人を一言で表すなら・・・

 

 

高橋:
「大丈夫か?大丈夫じゃないよな。毎晩悪夢にうなされてるもんな!アッハハハハ!!」

 

 

【悪魔】だ。
佐藤:
「・・・気になることが」

 

 

高橋:
「どした?」

 

 

僕は目の前のパソコンの画面を高橋さんに見せた。細目に画面を覗く上司に、

 

 

(もう老眼が始まったんですか?)

 

 

と言いそうになったが、ここは敢えて黙っておこう。

 

 

佐藤:
「“箱庭”に小さなバグが・・・」

 

 

高橋:
「んあ?」

 

 

そこには確かに、僅かながらデータのバグがポツンとあった。

 

これがもし“一軒家”だったら、どこぞのテレビ番組に迷わず応募するのだろうが、これは勝手が違う。
だが、上司の高橋さんはバグを見るなり、ポツンと一言。

 

 

高橋:
「ほっとけ」

 

 

佐藤:
「えっ・・・」

 

 

当然のリアクションだ。それが上司の言うセリフなのか。

 

どうかしてる。挙げ句の果てには、

 

 

高橋:
「そんなのは、バグの内にも入らん。何かしら影響が出たら、削除しとけ」

 

 

佐藤:
「しかし・・・」

 

 

高橋:
「大丈夫、大丈夫。全責任は俺が取るから。じゃ、俺は先に帰るわ。あと宜しく~」

 

 

そう言って、高橋さんはそそくさと部屋から出ていった。

 

 

佐藤:
「・・・・・・」
結局、データ内のバグは処理せず、そのまま研究は続行された。

 

 

しかしこれが後に、思いもよらない事態に陥ることになるとは、この時の僕でさえ、想像もしてなかった・・・

 

20190401-2

 

 

 

 

 

 

 

End.

PAGE TOP