BLOG ブログ

2018.11.13 tues沖縄エリアスタッフBLOG

最初のサプライズ

皆さん、半月振りです!

 

 

 

 

島んちゅの帽子屋、平和通り店の又吉です。

 

 

 

 

11月にも入ると、なんだか時間の進みがとてつもなく早く感じます。

 

 

 

 

平成最後の秋・冬を、プライベートも仕事も、

 

 

 

 

余すところなく充実させていきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

それでは早速、本題に入りましょう。

 

 

 

 

今回はついに、小説第1章の最終回となります。

 

 

 

 

では、心してどうぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

ハンバーガーJr.の解明

 

 

 

 

最終話:出発の刻(とき)

 

 

 

 

 

 

ハンバーガー:

 

「えぇっと・・・ちょっといいかな?」

 

 

 

 

ボクはこの“当たり前”のような状況がイマイチ、

 

 

 

 

ピンと来ていなかった。

 

 

 

 

ナゲット:

 

「んっ?」

 

 

 

 

ハンバーガー:

 

「この2ひ・・・2人は誰?」

 

 

 

 

この場では何となく言っちゃいけないような単語を、

 

 

 

 

口走る寸前でなんとか飲み込んで、

 

 

 

 

ボクは改めて素朴な疑問をぶつけた。

 

 

 

 

チーズバーガー:

 

「私達と同じように記憶を失った、友達の・・・」

 

 

 

 

シェイク:

 

「シェイクです。以後、宜しく」

 

 

 

 

ポテト:

 

「同じく、ポテトだ。宜しく」

 

 

 

 

ハンバーガー:

 

「・・・」

 

 

 

 

(まんまじゃんっ!)

 

 

 

 

ナゲット:

 

「キミも他人のことは言えないよ」

 

 

 

 

(・・・えっ、心読まれてる?)

 

 

 

 

ナゲット:

「シェイクくんはパソコンを駆使して、暗号の解読が得意な電脳系で、

 

ポテトくんは武道の達人。カンフー技なら、彼の右に出る者は居ないよ」

 

 

 

 

ポテト:

 

「“ミスター・ジャッキー”と呼んでくれたまえ!」

 

 

 

 

ハンバーガー:

 

「ジャッキー・・・?」

 

 

 

 

ボクには“ジャッキー”の意味がサッパリ分からなかったが、

 

 

 

 

他の皆がウンウンとうなずく位だから、

 

 

 

 

おそらく相当凄い武道家なんだろう。

 

 

 

 

ジャッキー・・・何か美味しそう。

 

 

 

 

シェイク:

 

「・・・さぁ、油を売ってる暇はないぞ。ここからが僕らの謎を紐解く、

 

壮大な“ミステリーツアー”の始まりだっ!!」

 

 

 

 

全員:

 

「オォーー!!」

 

 

 

 

ハンバーガー:

 

「・・・」

 

 

 

 

(ミステリーツアー・・・ねぇ。)

 

 

 

 

ボクは軽くため息をつきながらも、

 

 

 

 

島の長老が用意してくれた、古めかしい小船へと乗り込み、

 

 

 

 

皆で代わる代わるオールを漕ぎながら、

 

 

 

 

ボク達の故郷(仮)、名無しの島を後にした。

 

 

 

 

シェイクくんの言う通り、

 

 

 

 

ここからがボク達の旅の物語が始まる。

 

 

 

 

巨大な遺跡で見つかった【重要な手掛かり】を頼りに、

 

 

 

 

期待と不安が入り雑じる複雑な気持ちの中、ボ

 

 

 

 

クは曇りひとつない青空をまじまじと眺めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

》エピローグ

 

 

 

 

ナゲット:

 

「・・・なぁ」

 

 

 

 

チーズバーガー:

 

「何?」

 

 

 

 

ナゲット:

 

「お前も気付いてるんだろ?アイツの正体・・・」

 

 

 

 

チーズバーガーちゃんは、ボクをチラリと見つめるとすぐ、

 

 

 

 

ナゲットくんに顔を向けた。

 

 

 

 

チーズバーガー:

 

「・・・まぁ、何となくね」

 

 

 

 

ナゲット:

 

「どうする、今は黙っておくか?」

 

 

 

 

チーズバーガー:

 

「そうね。今言っちゃうと、余計混乱しちゃいそうだし」

 

 

 

 

ナゲット&チーズバーガー

 

「・・・・・・」

 

 

 

 

当然ながら、ボクはこの時点では全く気付いていなかったが、

 

 

 

 

この2人は既に、“重大な事実”を掴んでいたようだった。

 

 

 

 

ナゲット:

 

「・・・宜しくな。ハンバーガー【ちゃん】」

 

 

 

 

 

 

 

第1章 完

 

 

 

 

20181113-1

PAGE TOP