BLOG ブログ

2018.9.30 sun本社・支店スタッフBLOG

進水式

こんにちは、大分営業所 冨田で御座います。

 

 

 

 

 

私の実家は大分県南部の佐伯市というところなのですが、

 

 

 

佐伯市と言えば、そうです造船所の進水式ですね。

 

 

 

ご存知でしょうか?

 

 

 

 

 

船の進水式を一般公開している所は全国で結構ありまして、

 

 

 

佐伯市では、3つの造船所で見学できます。

 

 

 

という事を最近知りまして、

 

 

 

是非一度見に行きたいと思っておりました。

 

 

 

 

 

そこで、8月17日、

 

 

 

佐伯市にある本田重工業株式会社さんの

 

 

 

1115番の進水式に行ってまいりました。

 

 

 

20180930-1

 

 

 

20180930-2

 

 

 

当日、駐車場に着くと

 

 

 

会場まで、会社の方々が各所に案内の為立っていてくれ、

 

 

 

入口では粗品を配っていて、

 

 

 

物珍しさで行っただけなのに、申し訳ないなと思いつつ有難く頂きました。

 

 

 

中にはプルーンのお菓子とタオルと前回の進水式の写真、

 

 

 

それからその日の船についての説明書きがはいっていました。

 

 

 

 

 

10:30からの開会でしたが、

 

 

 

10時前にはすでに見学のひとがたくさんいて、

 

 

 

夏休みということもあり子供さんの姿も多く見られ、

 

 

 

また、地元の高校生による吹奏楽の演奏もあり、

 

 

 

なかなか賑わっていました。

 

 

 

20180930-3

 

 

 

この日の進水式の主役は、内航貨物船1115番、499t。

 

 

 

船としては普通サイズなのかなと思いましたが、

 

 

 

船首に付けられているくす玉が、可愛そうな位小さく見えて、

 

 

 

船ってやはり大きいのですね。

 

 

 

20180930-4

 

 

 

進水式の前には餅まきがあり、

 

 

 

その後すぐ神官さんによる祝詞奏上がしばらく続き

 

 

 

(残念ながらみえませんでした)、

 

 

 

命名式の後、すぐに船はレールの上を動きだしました。

 

 

 

くす玉から大量の紙テープと紙吹雪が出てきて、

 

 

 

それらが舞う中、船は海に着水、と同時に祝砲のように昼花火があがり、

 

 

 

とても感動的なシーン。

 

 

 

 

 

でしたが、私は写真をとるのに一生懸命で

 

 

 

感動を味わう余裕がなく残念でした。

 

 

 

次は写真を撮らず感動を味わいたいと思ってます。

 

 

 

20180930-5

 

 

 

 

 

微力ながら八幡丸の安全とご活躍をお祈り申し上げます。

 

 

 

 

 

では、また

PAGE TOP