BLOG ブログ

2018.8.22 wed沖縄エリアスタッフBLOG

謎だらけの世界

おまっとさんです!

 

 

島んちゅの帽子屋平和通り店の又吉です。

 

 

 

夏も折り返しに入りましたね~。

 

 

 

今年は台風がやたら多いような印象を受けますが、

 

 

 

急な天候には気を付けて、しっかり身を守りましょう。

 

 

 

安全策を張ることに越したことはないので(苦笑)

 

 

 

 

 

それでは、早速本題に入りましょう。

 

 

 

皆さんお待ちかねの、オリジナル小説・第2話の始まりです。どうぞ!

 

 

 

 

 

『ハンバーガーJr.の解明』

 

 

 

》前回までのあらすじ

 

 

 

ある日。

 

 

 

目が覚めたら、ボクは変なカプセルの中にいました。

 

 

 

近くにあった鏡に自分を写してみたら、ハンバーガーのような身体をしていました。

 

 

 

しばらくすると、ナゲットのような身体の男の子と、

 

 

 

チーズバーガーのような身体をした女の子が近付いてきました。

 

 

 

ボクは思わず、目が点になりました。

 

 

 

[終わり]

 

 

 

 

 

 

 

(・・・えっ、何?この【作文】みたいな文章は)

 

 

 

ナゲット:「詳しくは本作品の【第1話】をご参照下さい」

 

 

 

(何しれっと宣伝してるの!)

 

 

 

チーズバーガーちゃん:

「ではいよいよ、ここからが【第2話】の本編です。お楽しみ下さい♪」

 

 

 

(ちょ、待っ・・・勝手に始めないで!)

 

 

 

ナゲット&チーズ:「どうぞっ!!」

 

 

 

(ちょっとーー!?)

 

 

 

 

 

…………………………

 

 

 

第2話/名無しの島

 

 

 

 

チーズバーガーちゃん(以下:チーズ):

「この島に住む住民達は皆、今のあなたのように記憶を無くして、道なき道をさまよい続けて、最終的にココに辿り着いたの」

 

 

 

ナゲットくん(以下:ナゲット):

 

 

 

「この島は、そんな迷える者達を迎え入れてくれる唯一の場所なんだ。その名も・・・」

 

 

 

ハンバーガーくん(以下:ハン)

 

 

 

「・・・《名無しの島》。」

 

 

 

ナゲット:「えっ?」

 

 

 

チーズ:「知ってるの?この島のこと」

 

 

 

ハン:「ううん。そんな名前な気がしたから、言ってみただけ。それより・・・」

 

 

 

チーズ:「何?」

 

 

 

ハン:「ボクの名前だけ省略し過ぎてない?今すぐ直して!」

 

 

 

ナゲット:「誰に言ってるの?」

 

 

 

失礼しました!訂正します。

 

 

 

ハンバーガー:「・・・これでよし!」

 

 

 

ナゲット:「いや、だから誰に何を言ったの?」

 

 

 

ハンバーガー:「気にしないで。・・・で、何だっけ?」

 

 

 

ナゲット&チーズ:「・・・・・・」

 

 

 

チーズ:

「とにかく、私達はこの島で記憶を取り戻す為の方法を探しながら、ひっそりと暮らしてるって訳なの」

 

 

 

ハンバーガー:「・・・なるほど」

 

 

 

ナゲット:「ただ、今回はいつもと違うんだ」

 

 

 

ナゲットくんはそう言って、ピタッと足を止める。

 

 

 

ハンバーガー:「どういうこと?」

 

 

 

すると直ぐ様、チーズバーガーちゃんが食いぎみに割って入ってきた。

 

 

 

チーズ:「あなたが目覚めてからの意識の回復が、明らかに私達よりも早くて“ハッキリ”してるの」

 

 

 

ハンバーガー:「・・・?」

 

 

 

ナゲット:「君は僕達と何かが違う。もしかしたら、これはチャンスかも」

 

 

 

ハンバーガー:「チャンス?」

 

 

 

チーズ:「お願い。私達に力を貸して。この島の“秘密”を解き明かせるのは、あなたしかいないわ」

 

 

 

ハンバーガーくんはまたしても、目が点になりました。

 

 

 

つづく.

 

 

20180822-1

 

 

 

20180822-2

PAGE TOP