BLOG ブログ

2018.7.22 sun沖縄エリアスタッフBLOG

謎を“解明”せよ!

皆さん、お久し振りです♪

 

 

島んちゅの帽子屋、平和通り店の又吉です。

 

豪雨によって被災された皆様、一日も早くいつもの日常に戻れるよう、祈っております。

 

 

 

 

では早速、本題に入りましょう。

 

 

皆さん、長らくお待たせ致しました!いよいよオリジナル小説の第1章の始まりです。

 

 

 

 
『ハンバーガーJr.の解明』

 

 

第1話/始まりは突然に

 

 

ある日、目が覚めたら、ここが今何処なのか、自分が一体誰なのか、

全く分からない。何も思い出せない…。

 

アニメやドラマなんかでよくありがちな展開だ。

正直、そんなの作り話だけだと思っていた。

自分が見る分にはわりと楽しめるものだが、いざ自分が関わるとなると、話は別だ。

 

まさかボクがそんな目に遭うなんて、思いもしなかった。勘弁してほしい。

 

 
「こ、これは…」

 

 

お決まりの台詞が無意識に飛び出し、

躊躇なく発した自分の言葉のチョイスに少々がっかりしながらも、

ボクは目の前にある、ひび割れた鏡をじっと見つめる。

 

 

どのリサイクルショップに出しても、査定以前に門前払いを喰らいそうな、

ボロボロの鏡に写った自分の姿は、まるで…

 

 

20180722-1

 

 

 

 

 

 

 

(…“ハンバーガー”?)

 

 

 
夢だと思いたい。

 

だが、夢にしては意識がハッキリしている。

幻覚を見ていると割り切れば、それで済む問題でもない。

それはそれで色々と大変そうだから、作者はそんな野暮な設定はしない筈だ。

 

 

…って、さっきから何言ってるんだろう、ボクは。

 

 

このままだと前に進まないどころか、

どこぞの“龍の玉”を求めて“摩訶不思議なアドベンチャー”をするような、

強引に話を引っ張り続ける作品になりかねない。

 

 

そんな時、後ろから足音が聴こえてきた。

そして、ある時点で、あらゆる音が静寂に包まれる。

 

???:「やあ、やっと目が覚めたんだね」

 

???:「具合いはどう?」

 

 

ボクと同じ歳ぐらいと思われる、2人の男女の声がする。

慌てて後ろを振り向くと、そこには…

 

20180722-2

 

 

 

 

(えっ…)

 

 

一人は揚げたての“ナゲット”のような姿をした男の子で、

 

もう一人は赤い大きなリボンをなびかせる“チーズバーガー”のような姿の女の子だ。

 

 

意外と冷静に分析してるように思われるだろうけど、

実の所、自分で説明してても、何が何だかまるで訳が分からない。

 

ここはとりあえず、お決まりの台詞でもぶつけてみるか。

 

「君たちは、誰?それに…ここは何処??」

 

2人は顔を見合せるや否や、微かに笑みを浮かべた。

まるでボクの質問を、予め予測していたかのように。

 

 

???:「知りたいかい?」

 

???:「付いてきて。歩きながら話しましょ」

 

 

容赦ない怒涛のサプライズの連続に、頭が混乱しっぱなしのボクを尻目に、

二人は出口に向かって歩き出した。

後ろを付いて歩くボクは、一旦深呼吸して、改めて思った。

 

(…なんだ、これ?)

 

 

つづく.

 

 

◎次回予告

第2話

お楽しみに!

PAGE TOP