BLOG ブログ

2017.7.04 tues沖縄エリアスタッフBLOG

外伝的ノベライズ

どうも!

 

 

島んちゅの帽子屋平和通り店の又吉です。

 

 

 

皆さんが待ちに待った、待望(?)の【あの話に関する最新記事】が出来上がりました!

 

 

 

心の準備は宜しいでしょうか?・・・では、参ります!

 

 

 

 

 

 

170701_191757

 

 

 

 

完全オリジナル【超】短編小説

 

 

 

 

『ハンバーガーJr.の痕跡(こんせき)』

 
原案・著者:又吉正成

 

 

 

特別編 『×××回目の真実』

 

 

 

 

 

 
「ウソだろ・・・おい、」

 

 

 

「そんな、どうして・・・」

 

 

 

「・・・これが運命(さだめ)か。」

 

 

 
皆が絶望している。

 

 

 

 

希望を失い、地面に顔を向ける彼らは、あまりのショックで涙すら出ないようだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一途の望みを抱えて島を飛び出し、すべてが上手くいくものと、信じて疑わなかったボク達。

 

 

 

 

 

長い年月を経て、ようやくここまで辿り着いたというのに、現実は苦労人のボク達を平気であざ笑った。

 

 

 

 
「俺達のやってきたことは、いったい何だったんだっ・・・!」

 

 

 

「・・・これで、私達の旅も終わりね」

 

 

 

「無知が過ぎた当然の報い・・・か」

 

 

 

 

 
(あぁ・・・始まったよ。皆の懺悔(ざんげ)タイム)

 

 

 

散々聞き飽きた、お決まりの流れ。

 

 

 

今回でもう【×××回目】だ。

 

 

 

仕方がない・・・“今回”は早めに切りだそう。

 

 

 

 

 

 
「・・・まだ手はある」

 

 

 

「えっ・・・」

 

 

 

「どういうこと?」

 

 

 

「あまりのショックで・・・」

 

 
話が言い終わる前に、ボクはすかさず言葉を重ねた。

 

 
「“頭がおかしくなったか?”」

 

 

 

 

「・・・!?」

 

 

 

「ボクにいい考えがある。・・・ついてきて」

 

 

 

「お、おい!待てよ」

 

 

 

 

 

 

 
いいや、待たないね。

 

 

 

ボクは一刻も早く、その場を離れたかった。

 

 

時間がない。これでも“今回”は上手く巻いた方だ。

 

 

 

 
「いったい何処に行くの?!」

 

 

 

「何を・・・知っている?」

 

 
(そうか、忘れてた。ここで【アレ】を言うんだった・・・)

 

 

 

 

 

 

そそくさと歩くボクは一度立ち止まって振り返り、

 

 

 

ひたすら困惑し続ける彼らに、どこぞの大作映画の名台詞のように、ズバッと言ってやった。

 

 

 

 

「・・・《痕跡=マスターキー》だよ。」

 

 

 
・・・さて、ここからが問題だ。

 

 

 

“今回”こそ、上手くやってやる。

 

 

 

そう心に誓い、ボクは再び、草の生えない硬い地面を踏み始めた。

 

 
END…?

 

 

 

 

170701_191115

PAGE TOP