BLOG ブログ

2019.7.24 wed沖縄エリアスタッフBLOG

“覚醒”と云う名の“革命”へ

皆さん、なかなかの暑さで、夏本番前にバテていませんか?

 

 

島んちゅの帽子屋、国際通り店の又吉です。

 

 

 

アイスが恋しい今日この頃、来週辺りから公開される映画等をチェックしながら、

 

あるいは映画館に置いてあるチラシをまじまじと眺めながら、ブログを書き記しています。

 

 

 

 

今回は皆さんお待ちかね(?)の、自作のオリジナル長編小説【第2章】を始めたいと思います!

 

 

最終章である第3章に向けて、ここから怒涛の展開が待っています。目を凝らしてご覧下さい!

 

 

それでは、どうぞ!!

 

 

Effect_20190715_223209

 

 

 

ハンバーガーJr.の覚醒

 
第1話『9年後…』

 

 

あれからどれ程の時間が経っただろうか。

 

 

記憶を無くしたままカプセルの中で目覚め、同じような境遇の皆と一緒に島から旅立ったあの瞬間が、つい最近のことのような気がするし、だいぶ前のことだったような気もする。

 

 

時間の流れが分からなくなる位、ボクらは歩き続けた。島という島を渡り歩き、『西遊記』のように、目的地を目指して“ガンダーラ♪”と口ずさんで旅をしている訳でもない。

 

 

はっきり言ってボクらのやっていることは、余りにも無謀で危険な旅を、無期限に永遠と繰り広げている。出口の見えない“巨大な迷路”を、ノンストップで走り続けているようだ。

 

 

 
そんなことを独りで悶々と考えていた時、皆の足が止まった。

 

 

ハンバーガーくん(以下、ハンバーガー):「急にどうしたの?」

 

ナゲットくん(以下、ナゲット):「・・・あれを見ろよ」

 

ハンバーガー:「ん?」

 

 

 

皆の視線の先を見てみると、そこは【半壊した街】が拡がっていた。

 

 

ざっと見た所、そこまで古い建物ではなさそうだが、さすがは【シェイクくん】、初めて訪れた街を瞬時に分析したようだ。

 

 

 

シェイクくん(以下、シェイク):「この周辺の建物は、今から約60年前に建造されたと見て間違いない。」

 

 

ポテトくん(以下、ポテト):「なんで分かるんだ?」

 

 

シェイク:「・・・そんなの、見れば分かるだろ?」

 

 

ナゲット・ポテト:「分かるかいっ!!」

 

 

 
二人がテンポ良くツッコミを入れた所で、それまで沈黙を保っていた【チーズバーガーちゃん】が、口を開いた。

 

 

 

チーズバーガーちゃん(以下、チーズバーガー):「ねぇ・・・」

 

 

ハンバーガー:「どうしたの?」

 

 

チーズバーガー:「私、前にも“ここ”に来たことがあるような気がするの」

 

 

(・・・!!)

 

 

 

 

【既視感=デジャヴ】というやつか。

 

 

それはきっと、チーズバーガーちゃんだけじゃなく・・・

 

 

ナゲット:「実は、俺も」

 

 

シェイク:「僕も」

 

 

ポテト:「・・・右に同じく」

 

 

シェイク:(・・・それを言うなら【左】だろ)

 

 

ハンバーガー:「・・・ボクも」

 

 

他の皆も同じように、そもそもここに辿り着く前から、いつしか互いに共通のデジャヴをそれとなく感じていた。

 

 

しかも、このデジャヴ・・・単なる気のせいではないことが、後に【意外な形】で判明することになろうとは。

 

 

???:「・・・やっと来たか。我々の“希望”が」

 
つづく.

PAGE TOP