BLOG ブログ

2017.9.28 thur関西エリアスタッフBLOG

孤高のヒーローに隠された秘話

どうも!島んちゅの帽子屋平和通り店の又吉です。

 

 

 

 

 

 

最近は台風やら何やらで、何かと騒がしい感じではありますが、

 

 

 

僕はブレずにブログを書いて参ります!

 

 

 

それでは、今回のお話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
皆さん、日本が誇る国民的ヒーローといえば、誰だか分かりますか?・・・

 

 

 

そう!『仮面ライダー』です。

 

 

 

 

 

 

 

1971年に放送が始まってから、今年で【46年】。

 

 

 

 

時代のニーズに応え、多種多様なヒーローが誕生し、

 

 

 

子どもから大人まで、幅広い層の視聴者を魅了し続ける、まさに“永遠の憧れ”の象徴。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
そんな仮面ライダーに関する、知ってるようで知らなかった【雑学】をご紹介。

 

 

 

 

今や特撮ヒーローものには当たり前となっている、絶対的な演出のひとつが【変身ポーズ】。

 

 

 

実は、仮面ライダーには当初、変身ポーズがなかったことは、皆さんご存じでしたでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

その真相を探るには、今から46年前の『仮面ライダー』まで遡らなければなりません。

 

 

 

 

1971年に放送を開始した、本格特撮TV番組『仮面ライダー』は、

 

 

 

 

アクションにホラーテイストを盛り込んだ“怪奇アクションもの”を目指していました。

 

 

 

 

 

その為、放送開始直後は、子ども達からの人気はあまりありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、低迷していた人気が一気に盛り上がったきっかけとなったのが、

 

 

 

主人公・本郷猛(仮面ライダー1号)役を演じていた〈藤岡弘、〉さんの大ケガでした。

 

 

 

藤岡さんの代役を探すにも時間はなく、あれこれ試行錯誤した結果、スタッフが下した決断は・・・

 

 

 

【新たな仮面ライダーを登場させる】ことでした。

 

 

 

 

 

 

 

怪力な技で敵を蹴散らす新たな改造人間、それが“一文字隼人こと仮面ライダー2号”であった。

 

 

 

 

そして同時に生まれたのが、腕を上げてキメを構える【変身ポーズ】。

 

 

 

それまでは仮面ライダーが変身するときは、風の力でベルトの風車を回して変身するだけの、地味な方法でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして藤岡さんが現場復帰し、海外に行っている設定だった仮面ライダー1号も合流し、

 

 

 

 

 

1号も変身ポーズを採り入れ、今も尚語り継がれる名シーンが生まれたのです。

 

 

 

170915_194716

 

 

 

 

 

 

この変身ポーズが子ども達に受け、【社会現象】を巻き起こす程の大ブームとなったのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 
皆さん、いかがでしたでしょうか?

 

 

 

国民的ヒーローの知られざる秘密が、またひとつ解き明かされましたね!

PAGE TOP